駅伝不敗の長崎・広中に最終9区で挑戦 福岡・木村「攻めた走り」で世界再挑戦に弾み 全国都道府県対抗女子駅伝

駅伝不敗の長崎・広中に最終9区で挑戦 福岡・木村「攻めた走り」で世界再挑戦に弾み 全国都道府県対抗女子駅伝

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

第40回全国都道府県対抗女子駅伝(たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ)が16日に行われる。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりの開催。15日は京都市内で監督会議が開かれ、オーダーが発表された。

◇       ◇

エースが激突する注目の最終9区(10キロ)で、中学3年から全国の主要駅伝で区間賞を取り続ける長崎の広中璃梨佳(日本郵政グループ)=長崎県大村市出身=を誰が止めるか。福岡は「ふるさと選手」で出場する2019年世界選手権5000メートル代表の木村友香(資生堂)=福岡・筑紫女学園高出身=を起用した。

福岡の長尾監督にとって、木村は高校の後輩。東京五輪1万メートルで7位に入った広中の強さは誰もが認めるが、「木村にぜひ(広中の連続区間賞を)阻止してほしい。スピードも持久力もある彼女には素質が十分ある」と猛プッシュした。

木村は昨年12月に京都で行われた長距離競技会の5000メートルで15分2秒48の自己ベストを出し、今夏の世界選手権(米国)の参加標準記録を突破。「前回の世界選手権後に調子を落としたが、小さな目標から積み上げることで戻ってきた。この1年でレベルアップできた」と復調宣言した。

広中にはロードへの適性面で差を感じるものの「攻めた走りだけはしたい」と下りの多いコースでスピードに乗って駆け抜けるつもりだ。チームの目標は11年ぶりの3位以内。木村は「中高生にとっては貴重な大会。気持ちを込めてたすきをつないでくれると思うので、責任を持ってゴールに届ける」と誓った。(末継智章)

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加