“同時刻”に別会場で...米大統領選 異例の展開

“同時刻”に別会場で...米大統領選 異例の展開

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/19
No image

アメリカ大統領選挙は投開票まで3週間を切りました。当初予定されていた2回目の直接対決は、トランプ大統領の新型コロナウイルス感染で中止となりましたが、両候補が同じ時間にそれぞれがテレビ番組の生放送に出演するという異例の展開となりました。バイデン前副大統領のイベント出演日程にぶつける形で、トランプ大統領が別のイベントへの参加を決めました。
共和党、トランプ大統領:「(Q.毎日検査を受けている?)いや、だが頻繁に受けている」「(Q.討論会当日は?)そうかもしれないし、違うかも。医師が把握している」「(Q.皆マスクをしてるのはご存じ?)もちろんだ。しかし、それでも感染はする」
一方、バイデン前副大統領は、トランプ大統領の新型コロナに関する発言が不正確だと改めて批判しました。
民主党、バイデン前副大統領:「大統領は機会を逃しただけでなく、でたらめばかりだ。『4月ごろには消える』『夏になれば魔法のように消える』などと言い続けている。皆さんも知っての通り、大統領の言葉は重いんだ。内容の是非を問わず重みがある」

米大統領選挙 投票先未定は前回の半分以下に

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加