ワシントン大の研究者が赤レンガをバッテリーに! 数十万回の再充電が可能

ワシントン大の研究者が赤レンガをバッテリーに! 数十万回の再充電が可能

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2020/08/14

ワシントン大学の研究者が、建築材料として利用される赤レンガを蓄電に利用する技術を開発した。
この安価な素材がバッテリーとして利用できれば、低コストで非常用電源を家の壁に備えることも可能だろう。
これまでレンガは、太陽熱を吸収して保温するといった使い方はされてきたが、蓄電に利用する試みは初めてだという。
IoTデバイスを配置したスマートレンガが制作可能
研究者が開発した技術により、一般的な赤レンガを

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加