沖縄県知事、設計変更承認せずと表明 辺野古移設

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/11/25

沖縄県の玉城デニー知事は25日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、軟弱地盤を改良するため政府が申請していた設計変更を承認しないと発表した。政府は対抗措置を取る見通しで、法廷闘争に発展することになりそうだ。

辺野古移設について日米両政府は、「普天間飛行場の継続的使用を回避するための唯一の解決策」との立場を堅持している。しかし埋め立て工事の海域に軟弱地盤が見つかり、防衛省沖縄防衛局が昨年4月、県に設計変更を申請していた。

玉城氏は不承認とした理由について①重要な地点の調査が行われず、地盤の安定性が十分に検討されていない②周辺海域にジュゴンがいるかもしれないのに情報が適切に収集されていない-ことなどを挙げた。

一方、不承認により移設時期がさらに遅れる恐れもあり、県政野党の自民党などは批判を強めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加