“おじさん沼”にハマったJK、きっかけは「未知」に胸が高鳴る『東京ポッド許可局』(奥森皐月)

“おじさん沼”にハマったJK、きっかけは「未知」に胸が高鳴る『東京ポッド許可局』(奥森皐月)

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/02/22
No image

自称“ラジオ変態”、奥森皐月。3歳から芸能活動を始めた、16歳の女優・タレントである。週30時間もラジオを聴く彼女が、特に愛してやまないのが「JKには到底辿り着けない価値観」を得られる、“おじさん”による番組だ。

『東京ポッド許可局』の魅力を、本人がコラムとして綴る。

刺激的で胸が高鳴る「未知」のおもしろさ

人には少しばかり打ち明けづらい趣味がある。それは「おじさん」が好きで好きで仕方ないことだ。

芸能の活動を始めた3歳のころから私のまわりには大人しかいなかった。話し相手になってくれる大人は優しくておもしろい人ばかり。いつからか、同級生との会話よりも大人と話すことに楽しみを見出すようになっていた。

No image

5歳のころの奥森皐月

もともと、人との会話が好きであったが、ラジオを聴くようになってからは人の話を聞くことも好きなのだと気づく。ラジオパーソナリティはほとんどが自分より年上で、比較的年齢が近しい若い世代から、親の世代、さらには祖父母の世代までと幅広い。

はじめは20〜30代のいわゆる「若手芸人」と呼ばれる層のラジオばかり聴いていた。モテたい、遊びたい、もっと売れたい、といった考えは、私が持ち合わせていないものであったため新鮮さを感じた。一方で、流行のものやテレビ、ドラマ、映画の話は自分の考えと重ね合わせることができるのでおもしろい。

しかし、次第に興味が広がっていきさまざまなラジオ番組に手を伸ばすようになると、あるひとつの事実に辿り着いた。長く生きている人は、その分の情報を得ている。よって年齢が高ければ高い人ほど深い知識を持っていて、私が知らないおもしろいラジオ番組を作っているということだ。

「共感」のおもしろさは楽しいものだが、「未知」のおもしろさは実に刺激的で胸が高鳴る。つまり、年長者がパーソナリティのラジオ番組は、私の短い人生の何倍分もの知識が詰まっているのだと気づいた。さらに男性の話となると、より自分の知らないことにあふれている。

こうして私は10代も前半にして、完全なる「おじさん沼」へとハマってしまったのだ。

No image

奥森皐月

『北の国から』がどんな話か知らないけれど

私の中のベストオブおじさんラジオ番組が『東京ポッド許可局』である。

マキタスポーツさん、プチ鹿島さん、サンキュータツオさんの3人が「屁理屈をエンタテイメントに!」をモットーに語る番組。2008年にポッドキャスト番組としてスタートし、2013年よりTBSラジオでレギュラー化した異例の経歴を持ち、現在は毎週月曜24時から放送している。

パーソナリティは全員40歳オーバーで、マキタさんと鹿島さんは私の父と年齢が変わらない。3人共、自分自身を「おじさん」とはっきり言うところが素敵だ。理想的なおじさんパーソナリティである。

『東京ポッド許可局』のトークでは昔の話がどんどん出てくるため、聴いているとわからないことが多い。たとえば、番組で毎週のように『北の国から』の話題が上がるが、2004年生まれの私にはピンとこない。

No image

『北の国から ’95秘密 [Blu-ray]』

「純」「蛍」「子供がまだ食ってる途中でしょうが」の3ワードくらいは耳に入っているが、『北の国から』がどんな話なのかすら知らない。ホラーなのかSFなのかサスペンスなのかもわからない。ところが、東京ポッドを聴いていればなんとなく内容が掴めてくる。

『北の国から』に限らず、自分の知らない時代のテレビやラジオ、文化や生活までもが見えてくるのがこの番組の魅力だと思っている。当たり前だと思っていたことが覆されたり、考えてもみなかった思想に触れたり。ここ最近の放送だけでも、数多くの「ショック」があったので、いくつか紹介したい。

誕生日が「road to 死」なんて

No image

奥森皐月

1月25日放送「おじさんの誕生日論」では、誕生日を素直に喜べないという話題で局員の3人が盛り上がる。

「残りの人生は消化試合だ」「road to 死」というパワーワードが飛び交うなか、自意識と誕生日の戦いというトークが繰り広げられた。女子高生から言わせてみれば誕生日は1年のうちでも楽しいイベントのひとつなので、このトークには驚かされた。

ケーキを食べたり、プレゼントをもらったり、友達からおめでとうLINEが来たり、そこにハッピー以外の感情は何もないと思っていた。誕生日を祝われたとき、冗談混じりに「また年取っちゃった、おばさんに近づいたよ(笑)」と言う友達は見たことがあるが「road to 死だよ!」と言っている人は本当に見たことがない。

祝ってもらうのが当然の日、喜んで過ごす日が当たり前の日、とは限らないのだと気づかされた。

それから、2月1日放送「教えてインスタ論」も驚きの連続であった。

ほかのラジオ番組はClubhouseの話で持ち切りだった週に、インスタグラムをうまく使いこなせないと話し合う許可局のメンバーには愛おしさすら感じてしまう。

ストーリーズについて話す場面で、「24時間で消えるのは切ない」というフレーズが出てきたときはさすがにたまげた。インスタグラムのストーリーは24時間で消えるもの。それが当たり前のシステムだと認識して利用していた自分を恥ずかしく思った。

1日で消えるからこその発信をしよう、そう思って毎日投稿している私の画像や動画は「切ない」ものだったのか、とハッとさせられた。

おじさんたちの「論」から気づかされること

No image

“ラジオ変態”奥森皐月インタビュー「ラジオは永遠に残りつづけるし、一緒に人生を歩んでいきたい」

こうして私は、『東京ポッド許可局』を通じてJKには到底辿り着けない価値観に毎週出会っている。ラジオという不特定多数の人に向けられるメディアだからこそのおもしろさだと思う。

承認欲求やまわりの目を気にする若者が多いなか、おじさんの話はそれらを超越したような、悟りを感じる思想が次々と出てきて格好いい。その一方で、おじさんだからこその自意識と戦っていたり、知らず知らずのうちに「昔はよかった」のような自慢をしているのではないかと考えたり。この番組を聴き始めたことで、おじさんはおじさんで大変で、葛藤もあるのだ、と知ることができた。

何より、3人のトークを聴いていると「生き急がないことも大切かも」と思い知らされる。

「25歳だった論」(1月18日放送)では、3人が25歳だった時期についてそれぞれ語る。この放送は私にとってかなり印象的な回だった。

1995年、バイトに励んでお笑いを目指す生活。ニートのような暮らしのなかで「何かをしよう」ともがく姿。社会で起こる事件や出来事に悶々とする日々。言葉にしづらい、若さゆえの楽しみや苦しみがありありと浮かぶ、濃い内容の放送だった。素敵なおじさんたちにも、悩みながら生きていた若かりし時代があるのだとよくわかり、なぜだか元気が出た。

ラジオクラウドにて過去半年分の放送は聴けるため、まだ許可局を聴いたことがない方はぜひ一度、気になるタイトルを押してみてほしい。私は気に入っている「論」を保存しておいて、たまに聴き返す時間がとても好きだ。

毎回この番組を聴くたびに、自分の“好き”を追求して、わからないことはわからないと言える余裕のある大人になりたいと思わされる。世界中の人々へ、みんなでおじさん沼にハマろう。おじさんの魅力を輪になって語り合える日が待ち遠しい。

奥森皐月の「クイックジャーナル」は毎月1回の更新予定です。

奥森皐月

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加