横浜FMのDF伊藤槙人、ジュビロ磐田へ期限付き移籍「試合に出たい思いが強く決断」

横浜FMのDF伊藤槙人、ジュビロ磐田へ期限付き移籍「試合に出たい思いが強く決断」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/07/21
No image

横浜F・マリノスに所属するDF伊藤槙人が、ジュビロ磐田へ期限付き移籍することが決定した。21日、両クラブが発表している。なお、期限付き移籍期間は2022年1月31日までで、背番号は「6」となった。

現在28歳の伊藤は、駒澤大学出身で、2015年にジェフユナイテッド千葉へ加入した。2016年に水戸ホーリーホックへ完全移籍し、翌年途中からは藤枝MYFCへ期限付き移籍を経験。2018年に水戸に復帰し、2019年6月に横浜FMに完全移籍した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグでの出場機会はなく、JリーグYBCルヴァンカップでは6試合、天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会では1試合に出場していた。

期限付き移籍が決定した伊藤は横浜FMのクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「このたび、ジュビロ磐田に期限付き移籍することになりました。すごく悩みましたが、試合に出たい思いが強くこの決断をしました。横浜F・マリノスではリーグ優勝、ACL出場と様々な経験をする事ができ、感謝でいっぱいの2年間でした。このチームメイト、スタッフ、サポーターに出会えて本当に良かったです!ありがとうございました。来年、J1に昇格させられるように頑張ってきます!」

そして、加入する磐田のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「横浜F・マリノスから来ました伊藤槙人です。小さい頃からこのサックスブルーのユニフォームを着ることが夢でした!このチームはJ1にいなければいけないチームだと思います!J1昇格のために全力で戦います!よろしくお願いします!」

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加