「暴れるのでつないだ」学生を鎖で拘束の日本語学校、元職員を書類送検~福岡

「暴れるのでつないだ」学生を鎖で拘束の日本語学校、元職員を書類送検~福岡

  • RKB毎日放送
  • 更新日:2022/09/23

福岡市の日本語学校でベトナム人留学生が鎖や南京錠で拘束された問題で、学校の元職員の男性が逮捕監禁の疑いで書類送検されたことがわかりました。

◆人権侵害で学校は“認可取り消し”

SNSで拡散した動画:

「イヒヒ。言うまで一緒。早く教えて」

動画にうつるのは南京錠と鎖でつながれた学生。そして、学校の職員とみられる男性が何かを白状するよう学生に迫っています。

この動画は去年10月、福岡市南区にある日本語学校「西日本国際教育学院」で撮影されました。写っていたのは、ベトナム人留学生のチャン・マウ・ホアンさんです。チャンさんは結局、学校を辞めました。

動画はSNSで拡散し、国は人権侵害行為と認定。学校に今後5年間、新たな留学生の受け入れを認めない処分を出しました。

◆「暴れるのでつないだ」元職員が供述

警察は22日、学校を退職した職員の男性を逮捕監禁容疑で書類送検しました。捜査関係者への取材でわかりました。

任意の取り調べに元職員の男性は「暴れるのでつないだ」と話しているということです。

一方、学校側は「組織的な行為ではない」などとして、国を相手取り、学校に出された処分の取り消しを求める訴えを起こしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加