酸っぱいもの好き吉岡里帆「みかんを食べるみたいにレモンを食べる」

酸っぱいもの好き吉岡里帆「みかんを食べるみたいにレモンを食べる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

女優の吉岡里帆(28)が9日放送のフジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)にゲストとして出演。食に関する意外な素顔を明かす場面があった。

No image

吉岡里帆

自身の“得意なもの”について聞かれ、酸っぱいものが得意だと明かした吉岡。「家でレモンの木を育ててるんですけど、普通に収穫して、カットして、みかんを食べるみたいにレモンを食べたくて食べるんです。もしかしたら酸っぱいものだったら何でも大丈夫かも」と笑顔を浮かべた。

この日、“エンジェルちゃん”として登場したお笑いトリオ「森三中」の大島美幸(41)も「私も強いんです。しかもレモンの木も育ててる」と吉岡との“共通点”を強調。2人で“酸っぱいもの”を食べて対決する流れに。レモンの2倍の酸っぱさのライム、同13倍の酸っぱさという梅肉エキスを順に試すことに。結果は吉岡の圧勝。梅肉エキスも「おいしい」と笑顔でクリアするほどで、TOKIOらを驚かせた。

そんな中、好きな食べ物の話となり、「すき焼きが1番好きで、2番目がうな重」と吉岡。「もうご褒美ご飯として出てきたら疲れが吹っ飛ぶご飯です」と笑顔を浮かべると、「TOKIO]の松岡昌宏(44)は「いいね、お父さんが好きそうな感じだね」とツッコミを入れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加