【森保J、2022年の主戦メンバーは?】もっと攻撃を重視するなら――戦い方をガラリと変えられる旗手に期待

【森保J、2022年の主戦メンバーは?】もっと攻撃を重視するなら――戦い方をガラリと変えられる旗手に期待

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/11/25
No image

大迫を見限る必要はない。ただこれだけ手詰まり感が漂うなら、好調な古橋(写真)をもっと積極的に起用したい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

浅田氏が推奨する日本代表の2022年主戦フォーメーション。

カタール・ワールドカップ アジア最終予選は6試合を終えて、日本代表はグループBの2位につける。残るは、来年2022年の1・2月シリーズと3月シリーズの各2試合。果たしてこの4試合で、そしてその後の本大会を見据えて、日本代表はいかなる陣容で戦うべきか。有識者の見解を伺った。
(文=浅田真樹/スポーツライター)

――◆――◆――
現状の日本代表における4−3−3は、単なる3ボランチ。守備に人数をかけるための布陣になってしまっている。それであれば、4−2−3−1のほうが無難な選択であるのは確かだろう。

だが、もっと攻撃(ボール保持)を重視した“本来の”4−3−3が機能するならば、対戦相手や試合展開に応じたオプションも増え(3ボランチもそのひとつにあっていい)、現有戦力をより有効、かつフルに活用できるのではないだろうか。

田中碧は同じインサイドMFでも、もっと攻撃的にプレーできるはずだし、トップ下に2枚を並べる形であれば、鎌田大地、南野拓実の併用の可能性も生まれる。いずれにしても戦い方の選択肢は広がるはずである。

そこで期待したいのは、旗手怜央だ。複数のポジションをこなせるうえ、どこでプレーしてもバランスよく立ち位置が取れ、プレー強度の高さもJリーグでは際立っている。

しかも、旗手がピッチにいることで、ひとりの選手交代で複数のポジションを動かすことができ、戦い方をガラリと変えることも可能になる。有効活用しない手はない。

株価急上昇中の三笘薫は、現状ではスーパーサブが最も適性の高い役割だろう。もちろん、今後どうなっていくかはわからないが、川崎フロンターレでもU-24代表でも、途中出場で圧倒的に高いパフォーマンスを発揮している。

言い換えれば、三笘の先発起用を考えるより、途中出場する切り札の効果を最大にするべく、そこから逆算して先発で誰を使うか。前半にどんな戦い方をするか。そう考えるほうが得策だ。

例えば、先発では前田大然や浅野拓磨を起用し、足もとではなく徹底してDFの背後を狙う。そこでは、三笘との対比を強めるタイプのほうが有効かもしれない。

【画像】直近11月シリーズの日本代表メンバー28人
3トップは、両サイドに単独で仕掛けられるタイプを置き、CFはフィニッシャー。従来は大迫勇也のCF起用にこだわるあまり、むしろ攻撃を窮屈にしている感がある。

だからといって大迫を見限る必要はなく、オプションのひとつとして持っていていいが、これだけ手詰まり感が漂うなら、好調な古橋亨梧をもっと積極的に起用したい。

ディフェンスラインに関しては、左SB以外は不動だろう。残念ながら、控えの選手と力の差がある。
左SBは、中山雄太の先発起用で問題ないだろう。さすがに5つしかない交代枠のひとつを、必ずこのポジションで使ってしまうのはもったいない。どうせ左SBを交代させるのなら、中山に代えて中盤の選手を投入し、旗手を左SBに回すといった、戦い方の“顔”が変わる違いを作りたい。

GKは権田修一がかなり安定してきた。飛び出し、ハイボールの処理、足もとのつなぎと、どれを取っても危なげない。2018年ワールドカップ後は、何人ものGKが起用されるも、これといった人材が定まらなかったが、ようやくが頭ひとつ抜けた存在が現われた。

しかし、それほど人材豊富とは言えないだけに、次に続く人材も用意しておきたい。谷晃生は明らかに東京五輪で覚醒し、大化けの予兆を見せている。どこかのタイミングでチャンスを与えたい。

取材・文●浅田真樹(スポーツライター)

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加