村上桜ケ丘・山田が口火打「絶対打たなければ」新潟

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/02

<高校野球新潟大会:村上桜ケ丘7-2五泉>◇2日◇準々決勝◇ハードオフ新潟

試合を決めたのは村上桜ケ丘7番山田尚幸左翼手(3年)の一打だった。3-2の8回裏1死一、三塁で左前適時打。この回、計4得点で五泉を引き離す口火を切った。

それまで3三振。五泉に追い上げられた中で迎えた打席は「絶対に打たなければならなかった」。背番号1と本来はエースだが大会前に左膝を痛めた影響で調子を落とした。「でも次は投げたい」と日本文理との準決勝に意欲をあらわにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加