阪神・大山 “2冠”も視界に入った 2点打で逆転 打点リーグ2位に浮上

阪神・大山 “2冠”も視界に入った 2点打で逆転 打点リーグ2位に浮上

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇セ・リーグ 阪神―ヤクルト(2020年10月18日 甲子園)

No image

阪神・大山

取られたら取り返す。大山の2点打で初回に逆転した。初回1死から板山が中前打。糸井も右翼線二塁打で1死二、三塁のチャンスをつくると、4番・大山がフルカウントから小川の直球を右前にはじき返す2点打を放った。

本塁打ではリーグ単独トップに立っているが、打点も74打点とし、リーグ2位タイにつけた。トップの巨人・岡本とも4打点の差と“2冠”も視界に入ってきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加