米国民30%、コロナ禍前の生活復帰に1年以上必要 調査

米国民30%、コロナ禍前の生活復帰に1年以上必要 調査

  • CNN.co.jp
  • 更新日:2021/10/14
No image

米国民の3割が、コロナ禍前の生活に戻るのに1年以上かかるとの見方を示した/John Moore/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルス禍前の日常生活に戻るには今後1年以上を要すると米国民の30%が判断していることが最新の世論調査で14日までにわかった。

今年6月初旬に実施した同様調査の9%から大幅に増えていた。調査は米メディア「アクシオス」と世論調査企業「イプソス」が実施した。

また、通常の日常生活を取り戻したとしたのは22%で、6月初旬の28%からは落ち込んだ。さらに、今後半年内に普段の日常生活が到来するだろうと予想したのは13%で、36%から急減していた。

一方、医療施設で働く職員全員の新型コロナウイルスのワクチン接種の義務化については65%がこれを支持していた。

ワクチン接種の義務化は米国内で論議の対象ともなっており、テキサス州のアボット知事は最近、州内の全ての団体に対し接種の義務づけを禁じる知事令を発令。ワクチンの効用は認めながらも接種は任意に基づき決して強制されるべきではないと主張していた。

アクシオスの関連サイトによると、今回の調査は10月8〜11日に米国の成人1015人を対象に実施した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加