【解説】雪崩に注意 週末は新たな寒気が襲来 積雪急増に繋がるJPCZとは(島根・鳥取)

【解説】雪崩に注意 週末は新たな寒気が襲来 積雪急増に繋がるJPCZとは(島根・鳥取)

  • TSKさんいん中央テレビニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

山陰中央テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

今回の大雪は上空に非常に強い寒気が南下し、雪雲がまとまりながら山陰地方にかかる「JPCZ」と呼ばれる現象が起きたためです。寒気のピークは過ぎ雪は小康状態になりますが、今週末にも冬型の気圧配置が予想され各地で雪が降る見込みです。1月24日から25日朝にかけて山陰各地に大雪をもたらした強烈な寒気。上空約5500メートルで氷点下36℃以下。これは山陰では数年に一度という強さで、発達した雪雲がかかりました。24日午後、雪がいかに急激に降り積もったかを示す映像がこちらです。あっというまに辺り一面が真っ白に例えば米子では午後2時の時点で積雪0センチでしたが、3時間後には一気に13センチ。午前0時に28センチとなり、午前5時に最大39センチに達しました。この時の雪雲の様子です。24日午後から25日未明にかけて雪雲が帯のようになって流れ込み急激に雪を降らせました。これは「JPCZ」日本海寒帯気団収束帯と呼ばれるもので、日本海で発生した雪雲が風によって集められ、陸地に流れ込む現象が起きていました。この影響で大山では、24日午前9時の時点で80センチそして一夜明けて167センチ24時間で積雪は87センチ増加、倍以上に増えました。25日の日中も鳥取県を中心に断続的に雪が降りましたが、強い寒気のピークは過ぎ山陰両県に出されていた大雪などの警報は午後にすべて解除されました。一方で積雪の多い所ではなだれに注意が必要です。また雪下ろしや除雪中の事故、屋根からの落雪事故などにも気を付けなくてはいけません。そして今週末も冬型の気圧配置が予想されています。

寒気の強さは今回ほどではありませんが、あさってから週明けにかけて各地で雪の降りやすい天気が続く見込みです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加