「雪道が危ない」はなんとなくわかるけど......「ドコが危険」で「何をしてはいけない」のか4つにまとめた

「雪道が危ない」はなんとなくわかるけど......「ドコが危険」で「何をしてはいけない」のか4つにまとめた

  • WEB CARTOP
  • 更新日:2023/01/25
No image

この記事をまとめると

■雪道走行の際の注意点をJAFに聞いた

■トンネルの出口や停止線付近、交差点などはとくに注意

■急な操作も普段以上に危険だ

雪道が危ないのはわかるけど何に気を付ければいい?

滑りやすく危険とされている雪道。普段よりも気を付けて運転をしなければいけないというのはドライバーならば誰しもが思うところだろう。しかし、具体的にどこに注意すればいいのだろうか? 雪道を走り慣れていない人ならその疑問が大きいのは当然だろう。一般公道でとくに注意すべき箇所を具体的に挙げて解説していく。

他より気温が低い橋・陸橋・トンネル出入口付近は要注意

最初に紹介するのが他よりも気温が低いことが多い橋、陸橋、トンネル出入口付近だ。これらのポイントは他よりも気温が低いため凍結しやすいので、滑りやすい状況となっているため危険度が高い。

トンネルの出口は特に緊張感を持つべきと言えるだろう。トンネルの中は雨や積雪の心配がないため、積雪時や雨天時は路面状況がトンネル外よりも速度が乗ってしまいがち、その速度のまま積雪や凍結をした状態のトンネル外に突入すると想像以上に路面が滑りやすく、思わぬ事故の原因となってしまう。

橋・陸橋・トンネル出入口は他よりも滑りやすいことを頭において、しっかりと安全な速度に落として通過するべきと言えるだろう。

No image

停止線付近はアイスバーンになっているかも

多くの車両が停止と発進を繰り返す交差点や一旦停止の停止線付近は、多くの車両のタイヤで圧雪路面が磨かれてツルツルになり、アイスバーンとなっている可能性がある。アイスバーンは積雪路以上に滑るので注意が必要だ。先頭であれば停止線よりも少し手間に止まるようなイメージ、前に車両がいるのであれば、いつもより車間距離をとるイメージでのブレーキを心掛けておくべきと言える。

また、青信号になったときも一呼吸おいてから発進すべきと言える。というのも、交差点において左右からくるクルマが赤信号で止まろうとしたら目測を見誤り止まり切れない可能性が高いからだ。もしもそんな車両がいたら出会い頭の事故になってしまうかもしれない。信号がある交差点でも、青信号になったら一呼吸おいて左右を確認しながら交差点に入るのがいいだろう。

No image

また、昼間は単純に濡れているだけでも、夜になり冷え込むと凍結してアイスバーンになることもある。この点も夜間走行時に頭に入れておくべきと言える。

道路の端に目印が用意されているエリアも

道路との境を認識しよう

積雪が多いと積もった雪の影響により、道路がどこまであるのか(道路の端がどこなのか)わからない場合がある。積雪の多い地方では道路と境界に矢印や反射板のポールを設置している場合が多いので、それを目安に走ることをオススメする。

No image

もしも、目安になるものが少なくても、道路の端には縁石や側溝があって、道路幅は無限ではないことを意識して走るべきだ。

いつも以上に「急」な操作は厳禁

そしてこれは具体的に気を付ける箇所(場所)ではないが、雪道での運転は通常時以上に急ハンドルや急アクセル、急ブレーキといった「急」が付く操作は厳禁だ。路面が滑りやすいので、急な操作をするとタイヤが与えられた操作を受け付けることができず滑り出してしまう。学生時代の物理の授業を思い出してもらうと分かりやすいが、滑る前よりも滑り出してからのほうが止まりにくい(動摩擦係数よりも静止摩擦係数の大きいため、物体が動き出す前と後では、前のほうが摩擦力が大きい)。この止まりにくい状況に陥らないためにも、先を予測した早め早めの操作で、急ではない優しい操作を心がけよう。

No image

西川昇吾

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加