「濃厚接触者の待機期間を14日から10日に短くする」後藤厚労大臣

「濃厚接触者の待機期間を14日から10日に短くする」後藤厚労大臣

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

動画を見る(元記事へ)

後藤厚労大臣は、オミクロン株の濃厚接触者について待機期間をこれまでの14日から10日に短縮すると発表しました。

後藤厚労大臣:「オミクロン株の濃厚接触者の待機期間を14日から10日に短くすることと致します」

インフラ関係などに従事するエッセンシャルワーカーについては、自治体の判断で6日目にPCR検査、または抗原定量検査を受け、陰性が確認されれば待機を解除できるとしました。

また、後藤大臣はオミクロン株の患者がワクチン接種の有無にかかわらずウイルスを排出する期間が変わらないことが判明したと明らかにしました。

そのうえで未接種の患者も発症した日、あるいは検体を採取した日から10日で療養を解除するとしました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加