中曽根氏合同葬へ弔意「自主的に判断すること」 公明・石井氏

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/10/16

公明党の石井啓一幹事長は16日の記者会見で、内閣と自民党による17日の中曽根康弘元首相の合同葬に合わせ、文部科学省が全国の国立大などに弔意表明を要請する通知を出したことについて、強制にはあたらないとの認識を示した。「実際に弔意を示すかは、協力を求められた側が自主的に判断することだ」と述べた。
 石井氏は文科省による通知について「あくまでも強制的な措置ではなく、協力を求めるものだ」とも指摘した。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加