マンチェスター・シティ、2019-20シーズンは193億円の損失

マンチェスター・シティ、2019-20シーズンは193億円の損失

  • Qoly
  • 更新日:2021/04/07
No image

マンチェスター・シティは2019-20シーズンの年次報告書を発表した。

新型コロナウイルスによる影響を大きく受けた昨シーズンは1.26億ポンド(193億円)の純損失を出したとのこと。

スタジアム関連の収入がなくなり、シーズンチケットも払い戻し、放映権料も減額されたことで、収益は11%減少した(4.784億ポンド≒726億円)。

これは新型コロナウイルスによる試合中断によってシーズンがずれ込んだことがかなり影響している。

昨季のUEFAチャンピオンズリーグやFAカップ関連の収益、ルロイ・サネの移籍金などは2020-21シーズンの会計に回ることになったためだ。

【写真】「大損になってしまった大型移籍、ワースト10」

よって、「2019-20シーズンの収益の繰り延べにより、2020-21シーズンはすぐに収益性を回復する見込み」とも伝えている。実質的には昨季と今季で6000万ポンド(91億円)ずつの損失になるはずとも。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加