春日市でトラックの下敷きに 10歳男児死亡 大牟田市では県道横断中の女性が車にはねられ死亡 福岡県

春日市でトラックの下敷きに 10歳男児死亡 大牟田市では県道横断中の女性が車にはねられ死亡 福岡県

  • テレビ西日本
  • 更新日:2021/11/25
No image

テレビ西日本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

福岡県内では24日夕方、交通事故が相次ぎ、春日市では10歳の男子児童がバックしていたトラックの下敷きになり死亡しました。

24日午後4時ごろ、春日市下白水北の県道で、中古車販売店にバックで進入しようとしていた4トントラックが、後ろにいた自転車と衝突しました。

自転車に乗っていたのは近くに住む小学4年生・深町友哉くん(10)で、衝突で転倒した後、トラックの下敷きになり事故から4時間後に死亡が確認されました。

トラックを運転していた男性は、警察に対し「何かと接触したような音がしたが、そのままバックし乗り上げてしまった」と話しているということです。

県内では24日、このほかにも事故が相次ぎ、午後6時前には大牟田市手鎌で、渋滞中の車の間を通って県道を横断していた無職・松岡正子さん(85)が軽乗用車にはねられ死亡しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加