厳罰化から2年 「あおり運転」はいま、どうなっている? 突然あおられた場合どうすればいい?

厳罰化から2年 「あおり運転」はいま、どうなっている? 突然あおられた場合どうすればいい?

  • VAGUE
  • 更新日:2022/09/23

2022年6月の施行から2年 あおり運転は少なくなった!?

2020年6月、「道路交通法の一部を改正する法律」が衆議院本会議で可決成立し、このうち“あおり運転”に対し厳しい罰則を与える「妨害運転罪」が同年6月30日に施行されました。

No image

バックミラーに近づいてくる後続車。あおり運転は少なくなったのだろうか

その改正では、あおり運転の対象として、「車間距離不保持」「最低速度違反(高速自動車国道)」「急ブレーキ禁止違反」「進路変更禁止違反」「警音器使用制限違反」などの10類型を挙げています。

【画像】バックミラーに写ったら怖い… 「ワル顔」のクルマを見る(26枚)

そしてこれらの違反により「交通の危険のおそれ」を生じさせた場合は、ドライバーに「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」「違反点数25点」「免許取消し(欠格期間2年)」という罰則が科せられます。

さらに高速道路で他のクルマを停止させるなど「著しい交通の危険」を生じさせた場合は「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」「違反点数35点」「免許取消し(欠格期間3年)」と、科される罰則はいっそう厳しくなります。

では、この法改正から2年余り経過したいま、あおり運転の現状はどうなっているのでしょうか。

まず2022年6月に公開された「令和4年版交通安全白書」から、交通違反の摘発状況を見てみましょう。

同白書の「道路交通秩序の維持」の項では、あおり運転について「2017年の死傷事故につながった東名高速道路での事件」が「妨害運転罪」の創設につながったことを踏まえつつ、妨害運転等に対する厳正な指導取締りを徹底したとしています。

その取締りの具体例として考えられる高速道路における車間距離不保持の摘発件数は、2017年の6139件が、2018年には1万1793件、2019年には1万3787件と急増しています。

しかし摘発件数は、法改正による厳罰化がおこなわれた2020年には1万1523件、さらに直近の2021年は7422件へと急減しています。

このデータから、2018年から2019年は警察当局の積極的な取締りにより摘発件数が増加、しかし法改正による厳罰化が周知された2020〜2021年は、あおり運転そのものが大きく減り、それが摘発件数の減少につながったという様子が見てとれます。

つまり道路交通法改正によるあおり運転の厳罰化は、道路交通における危険を排除する上で一定の効果があったと考えられるのです。

37%のドライバーは「厳罰化してもあおり運転が減少すると思わない」

では、ドライバーの意識はこの間、どう変わったのでしょうか。

No image

ドライバーがあおり運転をしていなくても、とくにSUVは「あおられた」と相手に思われてしまう場合もあるので注意したい

チューリッヒ保険会社が2022年7月に発表した「2022年あおり運転実態調査(週1回以上運転するドライバー2330人を対象としたインターネットリサーチ)」では、「あおり運転をされた経験がある」ドライバーは51.3%と、調査を開始した2018年の70.4%から大きく減少しています。

これは、先に述べた高速道路での車間距離不保持での摘発件数が減少していることと同様に、厳罰化により、あおり運転が減少した結果だと考えられます。

一方、あおり運転厳罰化については「危険運転が減少する」と答えたドライバーが63.0%と、過半数の評価を集めています。

ただ37.0%のドライバーは「減少するとは思わない」と答え、その理由としては「危険な運転をする人の心理や行動は変わらないと思うから」「衝動的にあおり運転をすることを抑制するのは難しいと思うから」「罰則の厳しさが十分ではないと思うから」などを挙げています。

実際、テレビのワイドショーで週に何度もあおり運転の被害を受けたというドライブレコーダーの映像が放映されていることからも、一定数のドライバーは厳罰化がおこなわれた後も、あおり運転はなくなっていないと考えられます。

また「あおり運転をされたきっかけ」については、「車線変更をした」がもっとも多く24.4%、ついで「スピードが遅かった」が17.1%、「制限速度で走っていた」「合流をした」がともに14.6%となり、前を“ふさがれた”ドライバーの怒りがあおり運転につながりやすいという傾向がうかがえました。

※ ※ ※

あおり運転の被害を受けないようにするには、「いつ自分が被害者になるかもしれない」という意識で運転し、高速道路の追越車線を漫然と走り続けたりしない、車線変更や合流では無理に割り込んだりしないといった配慮が必要でしょう。

ほか、あおり運転への防衛策としては、ドライブレコーダーの装着と、それを知らせるステッカーの貼付は有力です。そしてあおり運転を受けたときは迷うことなく110番通報し、警察の指示に従ってください。

植村祐介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加