ANAフーズ、羽田空港で大豆ミートを使用した「SOYてりバーガー」を販売開始

ANAフーズ、羽田空港で大豆ミートを使用した「SOYてりバーガー」を販売開始

  • Traicy
  • 更新日:2023/03/19
No image

ANAフーズは、羽田空港第2ターミナルでANA FESTAが運営するライスバーガー専門店「COMEL」で、大豆ミートを使用した「SOYてりバーガー」の販売を開始した。

2021年に立ち上げた食品新規事業開発プロジェクトの一環として、植物由来の食材を主原料とするプラントベースフードの商品開発を進めており、「SOYてりバーガー」はその第1弾となる。

これまで行った市場調査で、大豆ミートは大豆臭さが残る商品が多く、これを消すためにあえて濃い味付けをして、結果的に塩分や糖分を多く摂取してしまう課題があることが判明したため、アーモンドをパウダーにして入れることで解決したという。

価格は590円(税込)。場所は羽田空港第2ターミナル2階の保安エリア。

詳細はこちら

吉川 直輝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加