東京駅前で“15トン”の鉄骨落下 「ドカーンという衝撃」 2人死亡

東京駅前で“15トン”の鉄骨落下 「ドカーンという衝撃」 2人死亡

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/09/19
No image

動画を見る(元記事へ)

多くの人が行き交うJR東京駅前の建設中のビルで19日朝、重さ15トンの鉄骨が落下。5人が救急搬送され、2人が死亡しました。

午前10時すぎ、事故現場は騒然としていました。事故に巻き込まれたのは5人の作業員。現場は東京駅近くの51階建てのビル建設現場です。横倒しになった鉄骨。その重さは15トン。鉄骨の下には足場のようなものが散乱。事故の大きさを物語っています。

警視庁などによると、鉄骨はビルの7階部分から3階部分に落下したとみられ、その際、5人の作業員が一緒に転落したということです。

事故があったビルの9階で作業していた人:「鉄骨が崩れたり足場もめちゃくちゃで」「僕が見た時は2人倒れていた。下敷きまではなっていなかった」

事故当時、現場近くにいた人は大きな揺れを感じたそうです。

現場近くにいた人:「結構揺れた。地震と雷が一緒に来た感じ。建物が崩れたのかなと思ったくらい」

現場近くのクリニックの人:「そこまでの音は経験がない。かなりきょうは過激な工事だと思ったくらい。地面にドカーン。通常よりも違う衝撃を感じるような、体感的にも揺れるような感じ。足元から来るような感じの衝撃」

この事故で、30代と40代の男性作業員2人が死亡。他にも意識不明の重体だった40代の男性が意識を取り戻し、20代の男性2人がけがをしているということです。

警視庁は業務上過失致死傷の疑いを視野に調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加