プロや上級者が右足を蹴り上げるのはなぜ? ビギナーが知っておきたい、その理由と注意点

プロや上級者が右足を蹴り上げるのはなぜ? ビギナーが知っておきたい、その理由と注意点

  • みんなのゴルフダイジェスト
  • 更新日:2022/08/06
No image

ゴルフを始めたばかりのビギナーにとって、スウィングについての疑問は尽きない。アマチュアへのレッスンのみならずコーチ育成にも携わるJJコーチに、インパクトからフォローにかけての「右足を蹴り上げる動き」について教えてもらおう。

プロや上級者のスウィングを見てみると、程度の差はあれど、インパクトからフォローにかけて右足を蹴り上げ、右足かかとが浮く形になっていることが多い。JJコーチはこの右足を蹴り上げる動きが果たす役割をこう解説する。

[ 関連記事を読む - LESSON ]

右足を蹴り上げる動作にはどんな意図がある?

「一つ目は、単純にフォローを長く、フィニッシュを大きくするための動きですね。ベタ足ではないほうが、上半身はより深く捻転しますから、そのための予備動作と言えます。そして2つ目は、地面反力を活用するために、地面を蹴り上げる動きです。グッと地面を踏むため、必然的に右かかとが上がるわけです」(JJコーチ、以下同)

要するに、右足を蹴り上げるのは飛距離を伸ばすためのプラスアルファの動きだということ。よって「とくに意図せず『プロや上級者がやっているから』と形だけマネしてしまうと、かえってスウィングが崩れてしまう可能性もあります」とJJコーチは言う。

「まずはベタ足の状態で大体スリークウォーターくらいの振り幅でスウィングし、ベタ足を維持しながら振り抜けているかセルフチェックしてみてください。これができていれば、ちゃんと踏ん張る力が作用している証拠。右足を蹴り上げる動きを取り入れても問題ないでしょう。なんとなく右足を蹴り上げるクセがついてしまっている方は、繰り返し素振り練習をして、踏ん張る意識を構築してみてください」

No image

まずはベタ足の状態を維持しながらスリークウォーターの振り幅で振り抜けるかチェックしてみよう

右足を蹴り上げる動きを取り入れる際の注意点として、「親指の母指球辺り、もしくはそれより少し土踏まず寄りの位置に力を入れてグッと踏み込みましょう。そして、真上に向かって蹴り上げるのではなく、飛球線方向に向かって蹴り上げるイメージを持ちましょう」とJJコーチ。いずれにせよ、「ただ何となく形をマネする」のではなく、「きちんとその動きの意図を理解して取り入れることが重要だ。

No image

右足を蹴り上げる際、力が入るのは親指の母指球辺りから、それよりも少し土踏まず寄りの位置が目安だ

協力/レッツゴルフ銀座

みんゴル技術班

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加