IIJmio“最強コスパ”スマートウォッチ3種の取扱い開始 – Xiaomi・HUAWEI・モトローラ

IIJmio“最強コスパ”スマートウォッチ3種の取扱い開始 – Xiaomi・HUAWEI・モトローラ

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2022/08/06
No image

近年、多くの人が利用している姿を見るようになってきた「スマートウォッチ」。アップルの「Apple Watch」をはじめ、多数のメーカーがさまざまなモデルの機種を販売している。そのような中、格安スマホのIIJmioが3つのリーズナブルなスマートウォッチの取扱いを開始することを発表した。いったいどのような機種なのだろうか。

今回は、今後主流になってくるかもしれない“高コスパ”のスマートウォッチについてお伝えしていきたい。

IIJmio、スマートウォッチ3機種の取扱い開始を発表

No image

どの機種もスマートウォッチとしてはかなりお手頃な価格だ(画像は「IIJmio」公式サイトより引用)

IIJmioを運営するインターネットイニシアティブは8月3日、「IIJmioサプライサービス」でXiaomi製「Xiaomi Smart Band 7」・HUAWEI製「HUAWEI Band 7」・モトローラ製「Moto 360 3rd Gen」のスマートウォッチ3機種の取扱いをはじめることを発表した。

販売開始は8月5日。価格はXiaomi Smart Band 7が6,990円(税込、以下同)、HUAWEI Band 7が8,580円、Moto 360 3rd Genが27,680円となっている。HUAWEI Band 7とMoto 360 3rd Genは「サプライサービスセール」と題したキャンペーンで8月31日までそれぞれ7,980円、19,800円で購入可能だ。

また、ノートパソコンなどでも知られるASUSのスマホ「Zenfone 8」シリーズについても端末価格を改定。最大15,000円の大幅に値引きされるうえ、期間限定の各種キャンペーンでさらなる値引きが行われる。同機種の購入を検討していたユーザーにとっては、またとないチャンスと言えそうだ。

“コスパ最強”トリオがこれからのスマートウォッチの主流になる?

No image

スマートウォッチらしく実にスマートなビジュアルだ(画像は「IIJmio」公式サイトより引用)

XiaomiとHUAWEI、気鋭の中国スマホメーカー2社が送り出すスマートウォッチは、「縦長」「1万円未満」という部分が共通している。またモトローラのMoto 360 3rd Genも、上記の中華スマートウォッチと並べると割高に感じてしまうが、スマートウォッチの代表格であるApple Watchの最新機種「Apple Watch Series 7」が5万円を下らない、ものによっては10万円を超える価格設定であることを考えるとそのリーズナブルさがわかるだろう。

今回IIJmioが取扱いをスタートさせたスマートウォッチは、どれも“高コスパ”なデバイスなのだ。

ネット上でも各種スマートウォッチについて、さまざまな反応が寄せられている。「はじめてのスマートウォッチ。Xiaomi Smart Band 7を買ってみた」と、エントリーモデルとして試しやすい価格が強みを発揮していたり、HUAWEI Band 7を手にしたユーザーからも「画面綺麗すぎんだろ!これホントに8,000円?」「さすがセンサーは凄く良い。色も最高に良い」などの声が挙がっている。

スマートウォッチを手にしたことのないユーザーにとっては、未知数のジャンルに対して最高峰のApple Watchのようないきなり10万円近い出費はさすがに尻込みしてしまう人が多数派だと思われる。そのようなスマートウォッチ初心者でも手を出しやすい“最強コスパ”のエントリーモデルとして、これらの3機種が今後人気を博すことになるかもしれない。

引用元:IIJmioサプライサービス スマートウォッチ3機種販売開始のお知らせ【IIJmio】

※サムネイル画像(Image:「IIJmio」公式サイトより引用)

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加