昭和一学園vs聖パウロ学園

昭和一学園vs聖パウロ学園

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2021/07/22

昭和一学園・池田「切れた」スライダーで逃げ切り、聖パウロ・眞野「思い」実らず

昭和一学園聖パウロ学園の、どちらも秋のブロックで敗れ、春季大会を経験できなかったチーム同士が4回戦で激突した。

先制したのは昭和一学園だ。1番・田中 航太と2番・宮川 侑大が連続で四球を選ぶと、3番・若井 春介が、聖パウロ学園先発・岩渕 歩から先制打を放つなど3点が入った。

リードをもらった昭和一学園先発・池田 晴人は、2回に1点を失ったものの、スライダー主体の打たせて取る投球で、聖パウロ学園打線を封じる。

逆に昭和一学園が3回に1点を追加して、4対1となったところで、試合は膠着状態に入る。昭和一学園・池田と、聖パウロ学園2番手・眞野 文太の投げ合いで、試合は6回まで進んだ。

迎えた7回、聖パウロ学園が4番・眞野のタイムリーで1点を返すと、最終回も3番・深沢 龍士のヒットから4番・眞野の2本目のタイムリーが飛び出す。4対3で逃げる昭和一学園と、猛追する聖パウロ学園だったが、最後は昭和一学園が何とか逃げ切って、5回戦へ勝ち進んだ。

勝った昭和一学園の池田は、昨秋のブロック予選では、ストレートで押す眞野と近いタイプだったが、この試合は違った。スライダーを両コーナーに投げ分けてて、打たせて取る投球術が光った。

池田いわく、秋のブロック予選でもストレートと同じくらいの割合でスライダーを投げていたそうだが、秋を終えてから「テンポよく打たせて取ろう」と意識に変化が芽生えたという。というのも、ストレートとスライダーの球速がさほどなかったため、ストレートが痛打されることに気が付いたとのこと。そこからスライダーを増やして、テンポアップさせるスタイルに路線変更した。

聖パウロ学園・眞野は「スライダーが良かったです」と話せば、勝俣監督からは「丁寧にコースに投げられていましたね」と池田のスライダーの制球力に手を焼いたと話す。

振り返れば、池田は右左に関係なく、スライダーのコースを突くことが十分にできており、聖パウロ学園からアウトの山を築いた。スライダーの使い手と言っても良さそうだが、ここに至るまでには練習の成果があった。

「元々、フロントドアは使えていました。けど、ストライクからボールにするスライダーを投げると、どうしても失投することが多かったので、そっちを重点的に投げたことで、どっちの打席に立たれても、コースを投げ分けることが出来ます」

指揮官・田中監督は粘り強く投げたことを評価しながら、「今日は回を重ねるごとにキレが増しているように見えました」と、池田のスライダーに安心感を得ていた。また、6月の練習試合では完投させるようにしたことで、スタミナ強化させていたことも、田中監督のなかでは安心材料の1つだった。

そんな田中監督だが、自身の体調不良で5月上旬から2か月近くチームを離れている期間があったとのこと。選手たちと過ごす時間が短くなってしまった分、この夏は「1日でも長くやれるようにしたいです」と決意は固い。またチームの最高成績であるベスト8に迫っていることも、田中監督の闘志に火を付けている。チームの歴史に残る結果を残せるか、今後の昭和一学園の動向も要チェックだ。

一方で敗れた聖パウロ学園だが、眞野はエースの責務を全うする好投だった。
アーム気味で腕が遅れてくるようなフォームだが、腕の振りが力強く投げっぷりが良い。それもあってか、時折混ぜるスライダーを空振りする昭和一学園の打者が多かった。

力強い真っ直ぐは制球力も良く、なかなか前に打球が飛ばず、ミットに収まれば気持ち良い乾いた音が響く。昨秋、帝京を苦しめたのは伊達ではなかった。

ただ眞野は4月頃から肘のコンディション不良で、5月後半までは投げられる状態ではなかった。そこから徐々に調子を戻し、6月中旬ごろには投球できるレベルまできた。しかしフォームがバラバラとなり、制球力も欠いていたそうだが、試合を重ねるごとに調子を戻し、この夏はエースナンバーを背負い、マウンドは何度も雄たけびを上げた。

そんな眞野がマウンドに上がるたびに、プレートになにやら文字を書いているのが見えた。
「1を書いていました。自分はエースナンバーを背負っているので、それを付けている責任を確かめるためにも、毎回マウンドに上がるときは、1を書いていました」

責任を一身に背負い、プレッシャーをはねのけるように力一杯腕を振り、空振りを奪い続けた。これでひとまず高校野球は終わったが、「生活も含めて勝俣監督には、いろんなことを教えてもらいました。その感謝はもちろんですが、経験したことを次に活かしたいです」と眞野は最後に述べた。

今年は帝京に敗れてから、聖パウロ学園は新型コロナウイルスで春季大会を経験できずに、夏の大会に入った。それでも日大鶴ヶ丘に勝つなど、結果を残したことも踏まえ「最初に比べて、強く大きく見違えるチームになりました」と勝俣監督は選手たちの成長を語った。秋の悔しさを忘れずに成長してきた3年生を見て、今度は下級生が成長した姿を見せられるか。秋以降の聖パウロ学園も楽しみにしたい。

(取材=編集部)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。

そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!

TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回西東京大会の結果
【レポート一覧】第103回西東京大会
【レポート一覧】第103回大会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加