【山口】スポーツの秋を満喫!県障害者陸上大会

【山口】スポーツの秋を満喫!県障害者陸上大会

  • KRY山口放送
  • 更新日:2022/09/23
No image

スポーツの秋を満喫した。 山口市で23日、県障害者陸上大会が開かれた。

スポーツの秋を満喫した。

山口市で23日、県障害者陸上大会が開かれた。

山口市の維新みらいふスタジアムで開かれた県障害者陸上競技大会には、県内の総合支援学校やスポーツ団体に所属する小学5年生から71歳までのおよそ90人が出場した。

ことしは100m走や400m走といった16のトラック競技のほか、5つの跳躍競技、7つの投てき競技が行われた。

こちらは、車椅子の選手が出場する「スラローム」と呼ばれる競技。

30mのタイムを競うものだが、2mごとに設置された赤と白のポールのうち、赤のポールは後ろ向きで進まなければならない。

選手たちは車椅子を器用に扱いながらゴールを目指した。

大会に出場した選手のうち10人は、10月、茨城県で行われる全国大会に出場する予定。

選手たちは家族や関係者から声援が送られる中、競技に全力で励んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加