2年ぶりの会場開催 新成人が門出迎える 〈茅ヶ崎市〉

2年ぶりの会場開催 新成人が門出迎える 〈茅ヶ崎市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

2022年茅ヶ崎市「成人のつどい」が1月10日、茅ヶ崎市民文化会館で行われた。会場開催は2年ぶりで、オンライン同時配信も行われた(アーカイブ配信あり)。感染症予防のため出身中学校別の3部入れ替え制で行った。

佐藤光市長は「これからが人生の門出。充実した20代を過ごし、次の茅ヶ崎市を作ってください」とコメント。成人のつどい実行委員会の代表が各部で成人の言葉を述べ、第1部では児玉純良(きよら)さんが「自分の行動や言葉に責任を持ち、常に目的をもって前進し、社会の荒波にもまれようと思います」と話した。

式典後は記念事業にうつり、衆議院議員の河野太郎氏、ボーイズグループBE:FIRSTのSOTAさん、声優の鳥海浩輔さん、元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんら茅ヶ崎ゆかりの有名人が動画でメッセージを寄せた。他にも中学時代の恩師からのビデオレターや、中学時代の体育祭、修学旅行、学校生活などの写真をスライドショーで上映。会場からは懐かしむ声があがった。

来年も20歳が対象

民法の一部改正により今年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられる。「成人のつどい」について市では来年以降もこれまで通り、20歳を迎える人を対象に式典を行うが、式典の名称を「はたちのつどい」に変更して開催する。

No image

第1部の会場。感染症対策のため人との距離をとり着席していた

No image

第1部で誓いの言葉を述べた児玉さん

タウンニュース茅ヶ崎版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加