ソフトバンク・栗原が4打点!菅野撃ちでチームに勢い

ソフトバンク・栗原が4打点!菅野撃ちでチームに勢い

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/21

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が「5番・右翼」で出場。先制打&中押し打の4打点で一気に流れを手繰り寄せた。

二回無死一塁では135スライダーをとらえ、右翼席に先制2ラン。六回2死一、三塁では143キロを左中間へ弾き返した。2点二塁打で追加点を挙げ、先発・千賀を力強く援護した。

プロ初出場は2017年6月13日の巨人戦(東京ドーム)。代打で立った初打席、マウンドにいたのが菅野だった。結果は二ゴロ。3年以上の時を経て、成長した姿を見せつけた。今季シーズンでは118試合に出場して打率・243、17本塁打、73打点とブレーク。14日からのロッテとのCS(ペイペイドーム)では2試合で5打数無安打だったが、頂上決戦のひと振り目でたくましくチームを勢いづかせた。

No image

6回、ソフトバンク・栗原が2点適時二塁打を放つ=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加