上白石萌音主演『ボス恋』初回から胸キュン、初共演の空気に注目

上白石萌音主演『ボス恋』初回から胸キュン、初共演の空気に注目

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2021/01/12

『恋つづ』から一年、上白石萌音が火曜ドラマの主演に帰ってきた。

放送前から情報の解禁やキャストのテレビ出演などがあるごとに、Twitterではすでに何度もトレンド入りを果たしている『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、以下「ボス恋」)。注目の新ドラマがいよいよスタート。

No image

キャストのビジュアルも相まってこの設定を聞いただけで、もうしっくりくる。果たしてどんな“ぶるキュン”が届けられるのか。間宮祥太朗はクールでドライな先輩編集者・中沢涼太を演じる。「かっこつけることを避けてきた」という間宮のクールな演技にも期待。

上白石は3人と初共演。それぞれの組み合わせでどんな空気が生まれるのか注目だ。

また、ユースケ・サンタマリアが“おじ萌え”副社長役、なだぎ武が個性的な髪形が目を引く副編集長役、そしてミキ亜生はカメラマン潤之介のアシスタント役で登場。個性豊かなキャストが揃う。上白石は「“明日も早く現場に行きたいな”って思えるようなチーム」と話し、仲の良さそうなキャストの雰囲気が伝わってくるが、そんなチームがつくるドラマの雰囲気が楽しみなところ。

そして潤之介(玉森裕太)には1つ秘密があるという。また主人公が想いを寄せる幼馴染・健也(犬飼貴丈)にも「実は、奈未にも見えていなかった部分が彼には隠されていて…」(製作陣のコメントより)と気になるポイントも。

1話からキュンキュンするシーンが「ありますよ」とのこと。予告映像では潤之介(玉森裕太)が「俺の彼女になって」といきなりの胸キュンセリフが。本作は原作のないオリジナルストーリー。『恋つづ』スタッフ再集結のドラマということで寄せられる期待は大きいが、まずは新たな気持ちでドラマを楽しみたい。

第1話あらすじは…

東京で暮らす幼馴染で片思い中の日置健也 (犬飼貴丈) を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) に助けてもらい、無事に編集部に辿り着く。そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進 (なだぎ武) から急いで青山へ行くように命じられる。

指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太 (間宮祥太朗) や和泉遥 (久保田紗友) 、和田和美 (秋山ゆずき) 、加賀栞 (太田夢莉) をはじめとした編集部のメンバーが勢揃いしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子 (菜々緒) の姿も。奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされるのだった。

そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事で…。

■『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』
毎週火曜よる10:00~10:57

(C)TBS

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加