「道の駅」の災害対策ガイドラインを策定へ 国交省

「道の駅」の災害対策ガイドラインを策定へ 国交省

  • レスポンス
  • 更新日:2020/11/20
No image

道の駅(イメージ)

もっと画像を見る
国土交通省は11月18日、「道の駅」第3ステージの具体化に向けて、「道の駅」のBCP(事業継続計画)ガイドラインを策定すると発表した。

「道の駅」は制度創設以来、四半世紀が経過し、現在全国で1180駅が設置されている。国土交通省では、「道の駅」第3ステージへの提言で示された「地方創生・観光を加速する拠点」、「ネットワーク化で活力ある地域デザインにも貢献」を実現するため、「道の駅第3ステージ推進委員会」で具体策を検討している。

台風などによる自然災害が相次ぐ中、11月20日に検討会を開催して「道の駅」におけるBCPガイドラインについて議論するとともに、「道の駅」の防災機能強化についても検討する。

レスポンス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加