【日本S】巨人ウィーラーがツーバン“レーザー”で窮地救う 好返球で失点阻止

【日本S】巨人ウィーラーがツーバン“レーザー”で窮地救う 好返球で失点阻止

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/21
No image

巨人のゼラス・ウィーラー【写真提供:読売巨人軍】

4回にデスパイネの左前安打で栗原の生還を阻止

■巨人 – ソフトバンク(日本シリーズ・21日・京セラドーム)

巨人のゼラス・ウィーラー内野手がツーバウンド“レーザービーム”で失点を阻止した。21日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第1戦。4回2死二塁で菅野が左前安打を許したが、ウィーラーが好返球で走者を本塁で刺した。

4回2死からソフトバンク栗原が二塁打を放ち出塁。続くデスパイネが三遊間を破る安打を放つと、栗原が積極的に三塁を蹴って本塁を狙った。

打球を処理したウィーラーはすぐさま本塁へ返球。送球はツーバウンドとなったが、大城へのストライク送球となり、栗原の生還を阻止した。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加