中曽根外交「洗練されたずうずうしさ」 田久保忠衛・杏林大名誉教授

中曽根外交「洗練されたずうずうしさ」 田久保忠衛・杏林大名誉教授

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/10/17

東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で17日、中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬が行われた。中曽根氏の外交に詳しい田久保忠衛・杏林大名誉教授が産経新聞のインタビューに答えた。
     □
 「中曽根外交」を一言でいえば、“田舎者”だった日本の外交を一人前の外交にしたことだ。
 印象的なのは、1980年代の米ソによる中距離核戦力(INF)全廃交渉だ。ソ連が欧州とアジアに配備した中距離核兵器「

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加