巨人・中田翔がプロ初犠打! 通算1521試合目、6245打席目

巨人・中田翔がプロ初犠打! 通算1521試合目、6245打席目

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/13
No image

四回、犠打を決める巨人・中田翔=東京ドーム(撮影・福島範和)

(セ・リーグ、巨人―中日、7回戦、13日、東京D)巨人・中田翔内野手(33)が、プロ初犠打をマークした。1―1の四回無死一、二塁で、巨人ベンチは「5番・一塁」で先発した中田に送りバントのサイン。通算266発の大砲がバントの構えに入ると、場内が大きくどよめいた。 中日・大野雄が中田に投じた1球目はファウルとなったが、2球目を投前に転がし、成功。プロ15年目、通算1521試合目、同6245打席目で初犠打を記録した。

その後1死二、三塁で大城の二ゴロの間に1点が入り、中田の犠打が勝ち越し点を呼び込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加