自打球欠場明け西武栗山が強力援護 初星の新人浜屋をほめる「不思議」

自打球欠場明け西武栗山が強力援護 初星の新人浜屋をほめる「不思議」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/09/17
No image

◆西武3-1ロッテ(16日、メットライフドーム)

栗山が先制の9号ソロを含む4安打と大暴れした。

自打球を受けた影響で15日は欠場し、3番左翼で2試合ぶりにスタメン出場。初回2死、左腕小島の直球をバックスクリーン右に運んだ。「いいスイングができたと思います。手ごたえ? バッチリでした!」と満面の笑みを浮かべた。5回にも重盗失敗直後に右前適時打。浜屋-柘植の新人バッテリーを強力援護したベテランは「(浜屋は)ルーキーなのかと思うぐらい堂々とした投球だった。僅差のゲームでも安心してみられるという不思議な感覚だった」とたたえた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加