44歳でレースクイーンデビュー!大原がおりが6年越しの夢かなえた

44歳でレースクイーンデビュー!大原がおりが6年越しの夢かなえた

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

タレント、大原がおり(44)が21日、栃木・ツインリンクもてぎで開催されたカーレース「86/BRZレース」で44歳にしてレースクイーンデビューを果たした。

脇阪寿一監督率いる人気チーム「ASSO MOTOR SPORTS」のグリッドで選手に日傘をさし、花を添えた。20代の頃から憧れていたが、夢をかなえるため6年前から脇阪監督に相談するなど行動を起こし、ついに実現させた。

大原は「最初に聞いたときは確実にドッキリだと思いました。44歳をレースクイーンに起用してくれる会社さんなんて、ほかにはないと思います」と同チームのスポンサー、オウルティックに感謝。強風にあおられ、ポージングが決まらなかったハプニングもあったが、「サーキットの舞台に立ててすごくうれしかったです」と大感激していた。

22日も同レースのグリッドに立つ。大原がレースクイーンになるまでの道のりは、YouTubeチャンネル「大原がおりの山姥チャンネル」で配信中。

No image

大原がおりが44歳にしてレースクイーンデビュー(三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加