低調バルセロナ、過去29年で最悪のスタート。メッシもキャリア初期以来のスローペース

低調バルセロナ、過去29年で最悪のスタート。メッシもキャリア初期以来のスローペース

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/22
No image

【写真:Getty Images】

リーガエスパニョーラ第10節のアトレティコ・マドリード対バルセロナ戦が現地時間21日に行われ、バルサはアウェイで0-1の敗戦に終わった。今季8試合を終えてすでに3敗という苦しいスタートを強いられている。

今季を開幕2連勝でスタートさせたバルサだが、その後の6試合では1勝のみと大苦戦。3勝2分け3敗と五分の星で暫定10位に位置し、首位に勝ち点9ポイントの差をつけられている。

スポーツのデータ分析を手掛ける『Opta』によれば、バルサがリーガ開幕から8試合で勝ち点11という成績は過去29年間におけるワースト記録。前回は1991/92シーズンに、8試合を終えた時点で今季と同じ3勝2分け3敗だった(当時は勝利が2ポイント制だったため勝ち点8)。

1991/92シーズンといえば、今季からチームを率いているロナルド・クーマン監督が現役選手としてプレーしていた頃。だがこのシーズンのバルサは最終的にリーガ優勝と欧州制覇の2冠を達成しており、ある意味では縁起が良いとも言えるのかもしれない。

一方、エースのFWリオネル・メッシはここまで全8試合に出場して3得点にとどまっており、そのうち2点がPK。リーガで開幕から8試合に出場した時点での得点数としてはデビュー3年目の2006/07シーズン以来のスロースタートであり、過去14年間で最も少ない得点数となっている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加