政府の「コロナ対策」に北海道民は60点前後...経済補償に医療拡充 "観光・経済回復"へ候補者予定者は

政府の「コロナ対策」に北海道民は60点前後...経済補償に医療拡充 "観光・経済回復"へ候補者予定者は

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2021/10/15
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

近く第6波に見舞われるとも言われる中で行われる選挙戦。候補者は何を訴え、有権者は何を求めるのか。北海道有数の観光地でもある函館市が舞台の与野党直接対決の候補予定者に聞きました。Q.国のコロナ対策何点付けられますか?北海道民:「50点か60点ぐらい。しっかり事前に準備して対策してくれればよかった。飲食店に対する補償内容や、営業時間など具体的に示してほしい」北海道民:「60点くらい。ワクチンが打てるようになったのはよかった。外に出る時に安心できた」

No image

評価する一方で不満の声も…

北海道民:「60点くらい。緊急事態宣言をもっと早く出せばよかった。広がってから出したので後手後手になっている」1年以上続く新型コロナ対策に道民は60点前後の微妙な評価。ワクチン接種率の向上は高評価だったものの、緊急事態宣言を巡る行動制限や飲食店への補償について不満の声が聞かれました。国会でも政府の新型コロナ対策について論戦が続き、次の衆院選の大きな争点となります。

No image

観光業で大きな打撃を受けた函館市

度重なる休業要請で主力の「観光業」に大きな打撃を受けた函館市でも、復興へ向けた新型コロナ対策は重要な争点です。候補予定者たちの対応は…。立憲 道8区候補予定者 逢坂 誠二 道連代表:「北海道のために、コロナ感染によって経済や個人の生活が大きく疲弊している。そこに対して支援する必要がある。PCR検査は十分ではない。広く安く検査ができるようにする。野戦病院のような医療的ケアが少しでも受けられる体制を事前に準備する必要だと思う」自民党 道8区候補予定者 前田 一男氏:「北海道のために、道南のために政権与党自民党の議席を獲得し、経済の再生と暮らしの向上に取り組みます。粗利補償をしっかり対応できるような取り組みを政府がやれば、あとはホテルや飲食店の努力と工夫によってのびていくと思う」先を見据えた「第6波」への備えは…北海道内の候補予定者はどんな対策を示してくれるのでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加