シド、最新アルバム『海辺』で“令和歌謡”を表現

シド、最新アルバム『海辺』で“令和歌謡”を表現

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2022/01/14
No image

シドが最新アルバム『海辺』を3月23日にリリースする。

前作『承認欲求』から約2年半ぶり、通算11枚目のオリジナル・アルバムとなる本作は、令和という時代に新しいシドの表現に挑戦したという意欲作。“令和歌謡”をキーワードにした“10の愛の物語”を紡いだ1枚とのこと。

収録曲は、アニメ『天官賜福』日本語吹替版オープニング・テーマの「慈雨のくちづけ」など計10曲。「Poetic盤」「Artistic盤」「通常盤」の3形態にてリリースされる。「Poetic盤」は製本された本のような外装で、中面は10の短編集のように楽曲の歌詞がデザインされており、「Artistic盤」はBlu-rayと写真集が付いたBOX仕様となっている。

◎マオのコメント
このアルバム『海辺』は、「10の愛の物語が流れ着いた場所」をコンセプトに作りました。「言葉」を軸に作り上げたアルバムは、シドの新しい挑戦でもあります。それぞれの物語が様々な形、色、匂いを持っていて、その言葉と音に触れた瞬間に『海辺』の世界観にどっぷりと浸れる。そんなアルバムです。人生は選択の連続で形成されていて。こんな時代だからこそあなただけの、僕だけの愛を選択し続けたい。そしていつか一緒に流れ着いた場所には、きっと僕たちだけの愛の形が待ってる。そう信じてる。そんな想いも込めました。今だから伝えたい言葉を、音を、新しいシドを。是非受け取ってください。

◎リリース情報
アルバム『海辺』
2022/3/23 RELEASE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加