阪神・矢野監督 気迫三塁打のドラ6中野を「ルーキーとして本当に大したもの」と絶賛

阪神・矢野監督 気迫三塁打のドラ6中野を「ルーキーとして本当に大したもの」と絶賛

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

4回、右翼線に安打を放ち、三塁にヘッドスライディングする中野(撮影・西岡正

「日本ハム3-10阪神」(9日、札幌ドーム)

阪神の矢野燿大監督がドラフト6位・中野拓夢内野手(三菱自動車岡崎)を絶賛した。

中野は四回に一挙4得点の口火を切る三塁打を記録。指揮官は「拓夢(中野)がツーベースじゃなくて、スリーベースにしてくれたっていうのも大きかった」と、気迫のヘッドスライディングで三塁まで到達したことを称えた。

さらに、五回には中前打で出塁し、二盗に成功。成功率100%で10盗塁目になった。これで、チームでは近本の11盗塁に次いで、2位。「チカ(近本)が11個で、拓夢(中野)が10個かな。そういうところでは、チカを追い越すという気持ちでやってもらえたら」と2年連続盗塁王の近本超えにも期待を寄せた。

「ルーキーとして、ここまでやれるというのは本当に大したものだと思うので、どんどん数字を積み重ねていってもらいたいなと思います」と、佐藤輝とともにチームをけん引する新人に最大級の評価をした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加