古田敦也、日曜劇場「DCU」第2話のゲスト出演決定 市議会議員役でTBSドラマ初出演

古田敦也、日曜劇場「DCU」第2話のゲスト出演決定 市議会議員役でTBSドラマ初出演

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/01/15
No image

「DCU」の新たなキャストとして決定した梶原善(左)と古田敦也【写真:(C)TBS】

初回放送は16日午後9時、第2話には梶原善の出演も決定

TBS×ハリウッド共同制作の日曜劇場「DCU」が16日午後9時からスタートする。初回放送を前に、15日には第2話のゲスト出演者として、俳優・梶原善と元プロ野球選手の古田敦也の出演が発表された。古田はTBSドラマ初出演。

同作は、TBSがハリウッドの大手制作プロダクションと共同制作。水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマで、水にまつわる事件や事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリーだ。

第2話に出演する梶原と古田は日本海に面した北能登漁港を舞台に、緊迫感ある演技を披露する。梶原が演じるのは、DCUメンバーと共に事件を捜査する北能登署強行犯係の刑事・坂東秀喜(ばんどう・ひでき)。管轄の北能登漁港で事件が発生し、「密漁者たちが犯人だ」と主張する地元漁師らと新名(阿部寛)との間で板挟みになりながらも、DCUの捜査に協力。新名の傲慢(ごうまん)とも捉えられかねない態度に驚きつつも、その腰の低さで衝突することなく捜査を進め、新名から陸での捜査を担当することになった瀬能(横浜流星)を任されることになる。

名バイプレイヤーとして多くのドラマ、舞台、映画に出演する梶原。TBSドラマにも数多く出演する中で、日曜劇場への出演は「天皇の料理番」(2015年)へのゲスト出演以来、約7年振りとなる。

そして古田が演じるのは、北能登の市議会議員を務める岡部正三(おかべ・しょうぞう)。地元に多大な影響力を持つ議員で、「密漁者が怪しい」と騒ぎ立てる漁師たちを黙らせるなど、地元民からも一目置かれる存在だ。

古田は言わずと知れた元プロ野球選手で、現役当時は選手兼任監督も務め、現在はスポーツキャスターやタレントとして活躍。俳優としてはNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」(1996年度後半)などへの出演があるが、TBSドラマへの出演は今回が初となる。そんな古田が岡部をどう演じるのか、そして今回の事件に岡部がどのように関わってくるのか注目だ。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加