ハリセンボン近藤春菜、瀧山あかねアナの攻撃に「収入聞いたら引くと思う」千鳥の大悟「令和の名勝負」<チャンスの時間>

ハリセンボン近藤春菜、瀧山あかねアナの攻撃に「収入聞いたら引くと思う」千鳥の大悟「令和の名勝負」<チャンスの時間>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/09/15
No image

千鳥のレギュラー番組「チャンスの時間」 (C)AbemaTV,Inc.

千鳥の大悟とノブがMCを務めるレギュラー番組「チャンスの時間」(毎週日曜夜11:00-0:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の9月12日の放送回では、重盛さと美をゲストに迎え、やっかいな相手をうまくかわしながら、なおかつ相手を気持ちよくさせることができるか、を検証していく企画「神対応スルースキルオーディション!」を行った。

【写真を見る】絶妙な嫌味をとばす近藤春菜に爆笑する千鳥

ルシファー吉岡と、本番組初登場となったハリセンボンの近藤春菜が“嫌な先輩”を演じる仕かけ人として登場し、井口綾子、瀧山あかねABEMAアナウンサーのふたりが挑戦者になり、井口はルシファー吉岡へ、瀧山アナは近藤のもとへと楽屋あいさつに訪れ、“嫌な先輩”の言動をいかにスルーできるか、挑戦した。

「ABEMAって、アナウンサーの方いらっしゃるんですか?」

“5年間にわたり朝の情報番組でMCを務めた経験から、デリカシーのないことをズバズバ言う先輩”を演じた近藤は、「ABEMAアナウンサーの瀧山あかねです」と自己紹介した瀧山アナに、「ABEMAって、アナウンサーの方いらっしゃるんですか?」とさっそく皮肉を言う。ノブが「嫌な先制パンチ(笑)」と見守るなか、その後も“ABEMAイジり”をくり返したり、瀧山アナが学生時代、NMB48の研究生だったという情報を知ると、「けっこういますよね、アイドルからアナウンサーになる方って。日本テレビにもいらっしゃるし、テレビ朝日にもいらっしゃいますよね」と発言するなど、絶妙な嫌味をとばす近藤の巧妙な言い回しに、千鳥は「こいつ…(笑)」と爆笑する。

そんななか、“嫌な先輩”として失礼な言動を連発する近藤に、徐々に反撃をし始める瀧山アナは、近藤が出演していた情報番組について触れ、「私も報道志望だったので、勉強させてもらってました」と切り出したのに対し、近藤は「芸人として出させてもらってるのと、アナウンサーさんはやっぱり違うと思うから」としながらも、「でも、やっぱり水卜ちゃんとか見てたら、違うなって」と、共演していた日本テレビの水卜麻美アナウンサーを引き合いに出す。この言葉で明らかな動揺を見せた瀧山アナは、「噂で聞いたんですけど、情報番組を終えてから、番組の出演本数がすごく減っちゃったみたいな…。もし良かったら、私、ABEMAの社員なので、なんかABEMAで番組とか…」と反撃するが、近藤は「いい、いい、ぜんぜん。持ってくる仕事って、変なのばっかり持ってきそうじゃん」「お仕事もさせてもらってるから、収入聞いたら引くと思うし」と即答する。

そんなふたりのやりとりに、千鳥は「ケンカやん!」「こわい、見てられん」とヒヤヒヤながらも爆笑し、「もう終わり!」というノブの声によって、強制終了となった。

「ビックリしちゃいましたよ」

挑戦を終え、「本当にコンプレックスに思っていることを言われたので、“プチッ”ってなっちゃいました」と反省した瀧山アナに、近藤は「それをスルーするコーナーですよね?」「ビックリしちゃいましたよ(笑)」と思わず苦笑する。

大悟は、「これは、令和の名勝負になりますよ」と締めくくり、一同の笑いを誘っていた。

一方、井口は、“変態目線で上からいくファン”という設定のルシファー吉岡を相手に挑戦し、大悟が「勉強になるな~。“こうしたらいけん”っていうのが全部わかる」と感心した、ルシファー吉岡の巧みな攻撃を、井口がうまくスルーしていく様を楽しむことができる。

“2時間SP放送決定”

本放送のラストには、“2時間SP放送決定”の発表があり、ノブは「(2時間SPを)やるのはうれしいんですけど、一回、相談してくれません?」「ホンマに5分前に聞いた」と困惑気味にコメントし、スタジオの笑いを誘った。そんな9月26日(日)夜11:00からの“「チャンスの時間」日曜お引っ越し2時間SP”では、「女性の本音ラブソング」「ノブの好感度を下げておこう!」の人気企画2本立てを予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加