JR西日本、東海道・山陽新幹線N700Sを製作 - 2020年度は2編成投入

JR西日本、東海道・山陽新幹線N700Sを製作 - 2020年度は2編成投入

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

JR西日本は16日、東海道・山陽新幹線の車両N700Sを製作・投入すると発表した。2020年度は2編成を導入する。さらなる安全安定輸送の実現、異常時対応力の強化、快適性の向上を図り、車両トラブルなど発生した際、より柔軟な車両運用を実現するという。

JR東海N700S、東海道・山陽新幹線「のぞみ1号」で新型車両デビュー

JR東海のN700Sは今年7月にデビューした。高速鉄道では世界初というバッテリ自走システムを搭載し、床下機器の小型・軽量化により、編成両数を柔軟に構成可能な「標準車両」を実現。車内において、モバイル用コンセントを全座席に設置したほか、上質な乗り心地の快適な空間としており、「安全性、安定性、快適性、環境性能などすべての面で最高の性能を備えた車両」とされている。

JR西日本のN700Sは2021年2月以降に投入予定。JR東海の車両と同様、全席にモバイル用コンセントを設置する。グリーン車と先頭車、パンタグラフ搭載号車にフルアクティブ制振制御装置を搭載し、快適性の向上を図る。

安全性向上のため、ATCとブレーキシステムを改良。地震時のブレーキ距離をN700Aタイプより5%短縮する。車両の状態監視機能も強化され、大容量のデータ通信を実現することにより、これまで以上に詳細な機器データの取得・分析が可能に。バッテリ自走システムを搭載し、長時間の停電が発生した場合も避難の容易な場所まで自力走行できるようにする。異常時に乗客と乗務員が通話する装置を客室内に設置し、指令所の係員とも通話可能として、異常時の即応体制を強化する。

上新大介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加