都立高入試にスピーキングテスト 「生徒の励みに」との期待も懸念も

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/09/23

来年度の東京都立高校入試に、英語スピーキングテストが活用されることが正式に決まった。民間会社が運営を担う全国初の試みとなる。「使える英語力」をめざす試みの一つだが、懸念や不安の声もある。

地域ページ トップ

テストは11月27日に実施され、生徒はタブレット端末を使って受ける。英文の音読やイラストの説明を録音する方式で、対面した人とのやりとりはない。ベネッセコーポレーション(岡山市)が運営し、関連会社が採点する。研修を受けたフィリピンの現地スタッフが担うという。評価対象は、文法の適切さや論理構成、発音などだ。

都教委は「相手に理解してもらう英語を発信する力」をつけ、実践的な英語力を育む狙いを強調する。「生徒の励みになる」と評価する意見がある一方、教育現場を中心に疑問の声も上がる。

板橋区の50代の英語教員は「実施規模が大きすぎて評価に確実にブレが生じる」と話す。受ける中学3年生は約8万人。録音した音声を公平に評価できるのか心配する声は、テストを疑問視する教員の間で多い。この教員は「疑念に対して、都教委が十分答えないまま実施が決まったのは残念」と話す。教員の勤める中学では英会話試験は対面式で、複数の教員が同席しているという。

8万人もの中学生のテスト結果が、民間企業に集約されることを不安視する声もある。テストを入試で使えないようにする条例案を都議会に提出した第5会派の立憲民主党は「採点が公正か検証できず、都民への説明も十分でない」(会派幹部)と指摘した。

懸念の声が出ていることに対し、都教委の西貝裕武・国際教育推進担当課長は「公平公正に着実にやっていく。英語学習に意欲を持ってもらえるようなテストにし、安心して受験できるよう準備する」と語った。(関口佳代子、本多由佳、土舘聡一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加