【東京新馬戦】フィフティシェビー ゴール前仕掛け併入、藤沢和師も好感「順調」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

日曜東京5R(芝1800メートル)に出走予定のフィフティシェビー(牡=藤沢和、父タピット)が芝コースで軽快な走りを見せた。

アルマドラード(3歳未勝利)を2馬身追走し、ゴール前で仕掛けられ併入に持ち込んだ。藤沢和師は「2月から調教を積んで順調に仕上がっているし、スピードもある」と好感触。母ストップチャージングマリアは米G1・3勝馬。昨年の米セプテンバー1歳セールで82万5000ドル(当時約8700万円)の高値がついた良血。期待は大きい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加