不朽の名作と貧困の中の苦闘 樋口一葉の魅力に迫る 神奈川近代文学館、原稿や遺品展示

不朽の名作と貧困の中の苦闘 樋口一葉の魅力に迫る 神奈川近代文学館、原稿や遺品展示

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

「たけくらべ」「にごりえ」など不朽の名作を残し、肺結核のため24歳で早世した明治期の作家・樋口一葉(1872~96年)の魅力に迫る「樋口一葉展─わが詩は人のいのちとなりぬべき」が、神奈川近代文学館(横浜市中区)で開かれている。

家族を養うために文筆をなりわいとし、短くも力強く生きた女性の実像とその作品世界が浮かび上がる。11月28日まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加