ソフトバンク・工藤監督は第2戦先発の石川に「十分、いける」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

SMBC日本シリーズ2020第2戦(巨人-ソフトバンク、22日、京セラD)ソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前、第2戦先発を託す石川柊太投手(28)に「あの腕の振りからも力のある球がくる投手。彼の持っているものを出してもらえれば、千賀君の後というのはありますけど、違う意味での球威はある投手なので。十分、いけるかなと思っています」と期待した。

前日21日の第1戦は高卒6年目の栗原が菅野から先制2ラン。六回の好機でも2点打を放ち4打点の活躍を見せると、先発・千賀は7回無失点。投打がかみ合って先勝した。日本シリーズで先勝したチームが日本一に輝く確率は約63%。最高の形で切れたスタートに石川が続く。

石川は今季11勝で最多勝、勝率・786で最高勝率の2冠に輝いた。第2戦を託す意図に指揮官は「決め手は当然、彼自身の成績もあるし。独特の球も持っているので」と説明した。ポストシーズン13連勝、日本シリーズ9連勝中のチームがさらに白星を重ねることができるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加