田中裕二、くも膜下出血時「あんまり記憶がない」

田中裕二、くも膜下出血時「あんまり記憶がない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

爆笑問題の田中裕二(2019年9月4日撮影)

お笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(56)が21日、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜午後1時)に出演し、約1カ月ぶりにラジオ復帰を果たした。

田中は冒頭「爆笑問題の田中裕二です」とさらりとあいさつ。すると相方の太田光(55)から「何、何ごともなかったように始めてんだよ!」と突っ込みを入れられ「長らく4週にわたってお休みいただいてましたけど、本当に申し訳ございませんでした。皆さんにいろんなご迷惑をおかけしました。代役の方も慣れない中ありがとうございました」と謝罪を含め、感謝を述べた。

発症の際に起きた頭痛について「グインと持ってかれるような感じ。よく頭をバットで殴られたような痛みとかいうけどそういうのではなく、中でギュインって、引っ張られる感じだった」と当初の痛みを振り返った。

痛みの度合いについて「転げ回るほど痛いわけではなかった」というが「救急車来るまでどこで何してたとかあんまり記憶がない」と話した。

田中は、先月20日未明に前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞で緊急搬送され、同27日に退院していた。

この日放送のTBS系「サンデージャポン」(日曜午前9時54分)で仕事復帰を果たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加