【K-1】玖村修平、Krush王座戴冠で「自信ついた」王者・軍司や椿原にリベンジ宣言=8.11フェザー級世界最強決定T

【K-1】玖村修平、Krush王座戴冠で「自信ついた」王者・軍司や椿原にリベンジ宣言=8.11フェザー級世界最強決定T

  • イーファイト
  • 更新日:2022/08/06
No image

公開練習に臨んだ玖村(左)(C)K-1

8月11日(木・祝)福岡国際センターで開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の「K-1フェザー級世界最強決定トーナメント」に参戦する、第5代Krushフェザー級王者・玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)が公開練習を行った。

【動画】玖村の強烈な右で才賀紀左衛門が大の字に!KOの瞬間

玖村は弟・将史と共に関西から上京し、KrushとK-1の舞台でキャリアを積むと、昨年12月に才賀紀左衛門、今年2月には小澤海斗といったビッグネームを下し、5月に新美貴士を撃破して、念願のKrushのベルトを巻いた。

No image

パンチを放つ玖村(C)K-1

新美は、1度敗戦を喫していた因縁の相手だった。前へ出続ける相手を玖村は気迫のパンチで迎え撃つと、パンチをまとめる場面も作り、リベンジ戴冠を果たした。

「気持ちで勝ち切ることが出来て、凄く自信になりました」と玖村。Krush王座戴冠は通過点と捉えており、「Krushのベルトを巻くことができて新たなスタートラインに立てた」という。次は、K-1の舞台で世界最強の座を手に入れるつもりだ。

No image

玖村の公開練習の様子(C)K-1

初戦の相手のジャオスアヤイは、K-1では過去4試合戦い安保璃紅、卜部弘嵩、小澤海斗らに勝利を収めている強豪。ムエタイファイターながらも「K-1ルールに適した選手」と玖村は分析し、安保璃紅をKOして飛びヒザ蹴りや二段蹴りを警戒する。

具体的な試合展開については「打ち合いで、盛り上がる試合が出来る」と熱戦を予告。続けて「1回戦から決勝のつもりで倒しにいって、ここで勝つことが出来たら、勢いに乗ると思うので全力で挑みたい」と、初戦に全集中しているようだ。

No image

Krushの舞台で新美(左)にラッシュを仕掛ける玖村(右)

さらに「僕は今年リベンジロードを目標に掲げていて、その第1弾として新美選手にリベンジすることが出来ました。次に軍司選手、椿原選手にリベンジしたい。1日でそれを達成できるチャンスが来て、自分のためのトーナメントだと思いました。フェザー級はずっと戦国時代と言われていますが、誰が一番強いかが1日で証明される。僕がトーナメントで優勝して、この階級のトップに行きたいです」と闘志を燃やす。

No image

玖村修平は弟・将史とともに玖村兄弟として、未来の格闘技界を背負う構え(C)K-1

また、弟の将史は『THE MATCH 2022』で勝利を収めて、9月のK-1横浜アリーナ大会への出場も決定している。「僕も次のトーナメントで優勝して、彼も勝ってくれると思う。2人で勝ち上がって、今のK-1は玖村兄弟だろうという存在になりたい」と宣言した。

王座戴冠で一皮剥けた玖村が、トーナメント制覇を目指して福岡のリングに立つ。

▶︎次のページは【動画】玖村の強烈な右で才賀紀左衛門が大の字に!KOの瞬間

☆この大会の対戦カード、スケジュールなど詳細

【動画】玖村の強烈な右で才賀紀左衛門が大の字に!KOの瞬間

玖村修平がダウンを奪った! @ABEMA で視聴中 https://t.co/cq08Q8htta #k1wgp pic.twitter.com/ErTVV4YCyX
— K-1【公式アカウント】 (@k1wgp_pr)
December 4, 2021
from Twitter

【動画】玖村修平のK-1福岡大会に向けての公開練習

◀︎記事ページへ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加