中国動画アプリ「快手」、7~9月売上高33%増

中国動画アプリ「快手」、7~9月売上高33%増

  • 新華社通信
  • 更新日:2021/11/25
No image

中国動画アプリ「快手」、7~9月売上高33%増

「快手」の株価情報が表示された香港中環(セントラル)の電子掲示板。(2月5日撮影、香港=新華社記者/王申)

【新華社北京11月25日】中国の短編動画アプリ「快手(クアイショウ)」を運営する北京快手科技が23日発表した2021年第3四半期(7~9月)決算は、売上高が前年同期比33.4%増の205億元(1元=約18円)と市場予想の201億元を上回った。純損失は70億9千万元で、市場予想は86億3千万元だった。ライブ配信の売上高は前期比7.4%増の77億元となった。

快手アプリの平均デイリーアクティブユーザー数(DAU)は前年同期比17.9%増、前期比9.3%増の3億2040万人、平均月間アクティブユーザー数(MAU)は前期比6670万人増の5億7290万人。DAU伸び率とMAU増加数は、四半期ベースで20年第2四半期(4~6月)以来の記録を更新した。

同社の共同創業者で最高経営責任者(CEO)兼最高製品責任者(CPO)の程一笑(てい・いちしょう)氏は、中国の新型デジタル化インフラ建設に積極的に貢献し、農村地区のデジタル化サービスインフラの建設を支えていくと表明。今後も業界の技術革新と社会全体の発展に寄与していく考えを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加