タイガーの炊飯器「100周年記念モデル」にヒットの予感! NEXTトレンド予測【家電・デジタル編】

タイガーの炊飯器「100周年記念モデル」にヒットの予感! NEXTトレンド予測【家電・デジタル編】

  • GetNavi web
  • 更新日:2022/09/23

関連:アナタは全部ご存知ですか!? 2022年上半期売れたモノSELECTION「家電・デジタル」18選

Withコロナがすっかり定着し、新しいライフスタイルやムーブメントが産まれてゆくなか、2022年の下半期はどうなっていく……? これから売れるモノ、流行るコトを各ジャンルのプロたちに断言してもらった。今回はタイガー魔法瓶の炊飯器「土鍋ご泡火炊き JPL-S100」をご紹介!!

※こちらは「GetNavi」 2022年9月号に掲載された記事を再編集したものです。

【タイガー100周年記念モデル】 熱制御技術を極めた100年の集大成

No image

私が紹介します!

本誌副編集長

青木宏彰

「家電コーディネーター」資格保持。本誌で炊飯器の検証企画を多数手がけ、メーカー各社の特性や市場動向を把握している。

土鍋ならではの蓄熱性と送風機能の追加で理想の大火力を実現(青木)

No image

【土鍋圧力IHジャー炊飯器】

2022年7月発売

タイガー魔法瓶

土鍋ご泡火炊き JPL-S100

実売価格14万800円

大火力で甘みのあるごはんに炊き上げる「土鍋ご泡火炊き」に、独自の加熱技術を新採用。蒸らし時には釜内温度や圧力を制御し、ハリ・弾力を保ちながら米本来の甘みを引き出す。70銘柄の炊き分け機能を搭載。

No image

↑フタ内部に風を送ることで吹きこぼれを制御。理想の温度で加熱を長時間維持することが可能になり、ごはんの甘み・粘りアップを叶えた

ヒットアナリティクス

No image

送風機能の新搭載で“トラ旋風”が巻き起こる!!

近年は高級炊飯器市場が大盛況。値が張っても自宅でおいしいごはんを食べたいという人は多く、土鍋ご泡火炊きシリーズのブランド力もすでに確立されている。本機は従来、吹きこぼれを防ぐため断念していた理想の大火力を“送風”機能の追加でクリア。さらに売れそう!!

GetNavi編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加