SixTONES京本大我、主演ミュージカル「流星の音色」で満点彦星 滝沢副社長「心強い座長になった」

SixTONES京本大我、主演ミュージカル「流星の音色」で満点彦星 滝沢副社長「心強い座長になった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/06
No image

舞台「流星の音色」に出演する京本大我

SixTONESの京本大我(27)が5日、東京・新橋演舞場で主演ミュージカル「流星の音色」に出演した。関係者の新型コロナウイルス感染で2日遅れの4日に開幕し、困難な状況でもカンパニーを引っ張るアイドルは「素敵なラブストーリーに仕上がった」と堂々宣言。演出のジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長(40)は「心強い座長になった」と成長に目を細めた。

♪まるで夢のよう 何もかもが色付いて見える-。京本が終盤に自ら作詞作曲したテーマ曲「星と星が出逢う夜」を熱唱すると、観客の誰もが織姫のように〝彦星〟の姿にほれぼれした。

「流星の音色」は七夕の7月7日だけ橋が架かる2つの星を舞台に、初恋と悲劇を描くオリジナル・ファンタジー作品。

2日に開幕予定だったが、複数の関係者の新型コロナ感染で3日までの公演が中止に。強引に予定通り初日を迎えることもできたが、京本の「完璧な状態を見せたいから冷静に判断しよう」という一言で見送った。本紙などの取材に応じた滝沢氏は「主演だったら、ここまで準備してきてやりたいもの。中止の判断はなかなかできない」と頼もしい姿に感心した。

新橋演舞場は滝沢氏がSnow Manに主演を引き継いだ「滝沢歌舞伎」シリーズの〝本拠地〟であり、名物の水による演出を今作にも採用。京本とヒロインの女優、真彩希帆をつなぐ橋は、前列の客席に水しぶきがかかりそうなぐらい大量の水のカーテンと噴水で演出。通常は300個のLED電球で済むところ、5000個を使用するタッキー流のきらびやかな演出でも魅了した。

滝沢氏は、劇中歌26曲中の7曲を作詞作曲した座長アイドルについて「ミュージカル界のスターや大先輩の内海光司さん(54、元光GENJI)も出演する中で堂々と立っているのはすごいこと」としみじみ。まだ初演だが、「将来的に大我にとって代表作になれば」と期待する。

京本も「滝沢くんはどんなときもブレずに導いてくれる」と相思相愛。♪出逢えてよかった、という歌詞のごとく、ジャニーズのミュージカル俳優と名演出家によって誕生した最強タッグが、覚めない夢の世界を見せ続ける。

★父・政樹も大満足 滝沢氏によると、前日4日に京本の父で俳優、京本政樹(63)が観劇したといい、「すごく満足して帰られました」と笑顔。「大我から今回の相談を受けていたようで、『お前は(自分や周囲を)信じてやっていたらいいんだ』とアドバイスしたそうです」と明かした。2006年、父に連れられた11歳の京本と出会ったのが新橋演舞場で、「(政樹が)『思い出深いね』という話をしていました」と感慨深そうに振り返った。東京公演は17日まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加